ルーフバルコニーとは?

ルーフテラスと呼ばれることもありますが、一般的にはマンションなどの集合住宅で階下の住戸の屋根部分を利用してつくられたバルコニーを指します。
斜線(道路・隣地・北側)や容積・建ぺい率の関係で建物をセットバックした際にできる屋上部分を利用することが多いです。

階下の住戸の屋根にあたるため、利用には十分注意する必要があります。
また、集合住宅では分譲といってもルーフバルコニーは共用部にあたりますので、物置などを設置したり、屋根や窓を取付けて温室やサンルームをつくったりすることは禁止されています。
ルーフバルコニーやベランダはエレベーターやエントランスと同じ共用部に含まれますが、居住者であれば誰でも自由に使用することができるエレベーターなどとは異なり、バルコニーとつながっている居室(専有部分)の所有者だけが使用できる部分となっています。
このような部分は「専用使用部分」と呼ばれ、共用部分の一部について特定の区分所有者が排他的に使用できる権利として定められています。

それぞれのマンションでは管理組合の規約で利用については細かく規定されていますので確認が必要です。


  

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。